あなたにぴったりの家庭用脱毛器選び!YES/NOチャートで簡単

顔脱毛しないほうがいい?メリット・デメリットを3つずつ紹介

家庭用脱毛器の効果

「顔脱毛ってしないほうがいいって聞いたけど、本当?」

「家庭用脱毛器で顔脱毛していいことあった?」

という疑問が浮かんでると思いませんか?

この記事では、家庭用脱毛器で顔脱毛するデメリットと、顔脱毛するメリットを3つずつ紹介しています。

顔脱毛はしないほうがいい?顔脱毛3つのデメリット

  1. 時間と手間がかかる
  2. 照射ムラが出る可能性がある
  3. 肌が乾燥しやすくなる

まずは、顔脱毛のデメリットから。

1の「時間と手間がかかる」と2の「照射ムラが出る可能性がある」は、家庭用脱毛器だけのデメリットになります。

3の肌が乾燥しやすくなるは、家庭用脱毛器・サロン・クリニックに共通したデメリットです。

デメリット1. 時間と手間がかかる

家庭用脱毛器で顔脱毛するデメリットとしてまず挙げられるのは、時間と手間がかかること。

これは、自分で照射するから、当たり前ですね。

自分ですると慣れていないため、クリニックよりも時間がかかってしまいます。

慣れれば時間がかかることも少なくなるかもしれませんが、専門家にはかないません。

サロンやクリニックは経験豊富なスタッフが多いので、手際よく施術してもらえます。

ところが自分で照射するとなると、光を当ててはいけない部分などの見極めが難しい!

さらに、細かい部分の多い顔は、上手に密着できず反応しないことも!

結果として、サロンよりも手間がかかることになるんです。

時間を使う上に手間も必要なので、家庭用脱毛器で顔脱毛するときの最大のデメリットといえます。

デメリット2. 照射ムラが出る可能性がある

そして、照射ムラが出る可能性がある点も、家庭用脱毛器で顔脱毛するデメリットのひとつ。

クリニックやサロンでの脱毛は経験豊富な専門家が行うので、顔の隅々までしてもらえます。

しかし、これを自分で行うとなると、必ずできない部分がでてきます。

特に注意が必要なのは目のまわり。

目のまわりの脱毛は、間違えれば失明の危険性があります。

そもそも、目のまわりは照射NGの部分。照射ムラが出てしまうのも当然です。

デメリット3. 肌が乾燥しやすくなる

脱毛は熱を肌の奥に届けるので、皮膚が乾燥しやすくなるというデメリットがあります。

肌の乾燥は顔だけではなく、どの部位を脱毛しても起こることです。

脱毛後はしっかりと保湿して、紫外線を浴びないように注意しなければなりません。

脱毛後の肌は乾燥しやすいうえに、刺激に敏感になっています。

とくに顔は隠すことができないので、脱毛後は屋内でも日焼け止めを使いましょう。

顔脱毛していいことあった?顔脱毛3つのメリット

  1. 肌のトーンアップ
  2. メイクノリが良くなる
  3. 顔剃りで肌が傷つかない

顔脱毛することのメリットは主に3つ。

3つとも、家庭用脱毛器・サロン・クリニックに共通したメリットです。

メリット1. 肌のトーンアップ

顔の産毛脱毛を行うことのメリット、そのひとつ目は肌のトーンアップです。

産毛はその他の体毛と比べた場合細く色が薄いですが、どんなに色素が薄い毛でも集まると色が濃く見えてしまいます。

つまり、顔に生えていた産毛が脱毛されることで、肌の色が明るくなるというわけ。

さらに、毛穴に生えていた毛がなくなることから、毛穴の引き締め効果もあると言われています。

「顔の色がくすんでいるなぁ」と気になっているのであれば、顔脱毛をすることでワントーン明るい肌になることが期待できます。

メリット3. メイクのノリが良くなる

2つ目の効果にあげられることは、メイクノリが良くなることです。

その理由は、顔に産毛がたくさん生えていれば、まずはその毛に対して化粧下地やファンデーションがついてしまうから。

産毛のせいで、肌にぴったり密着していないのです!

それだけではなく、時間が経過するごとに汗や皮脂などが産毛に集まり、メイクの状態が悪くなってしまうのです。

顔の産毛はすごく目立つわけではないですが、メイクの邪魔になっているんですね。

しかし、顔の産毛脱毛をすれば、肌はツルツルとなめらか。

ファンデーションなどが肌にしっかり密着し、崩れにくく顔に映えるメイクがしやすくなることでしょう。

メリット3. 顔剃りで肌が傷つかない

そして最後は、顔剃りで肌を傷つけるリスクが格段に減ることが、うれしい効果と言えます。

体の他の部位と比べた場合、顔の肌は比較的薄く傷つきやすい。

だから、できる限りカミソリなどを使った自己処理の回数は減らしておきたいところです。

顔の産毛は一度剃ったとしても、すぐに生えてきてしまいます。

鼻の下の部分や眉毛の下など細かい部分のお手入れは気を使うし、目のまわりや唇などはかなり薄いので、万が一このような部分を傷つけては大変です。

顔の産毛脱毛をすれば、シェービングにより肌が傷つくは格段に抑えることができますよ。

顔脱毛しないほうがいい?メリット・デメリットまとめ

顔脱毛のデメリット
  1. 時間と手間がかかる
  2. 照射ムラが出る可能性がある
  3. 肌が乾燥しやすくなる
顔脱毛のメリット
  1. 肌のトーンアップ
  2. メイクノリが良くなる
  3. 顔剃りで肌が傷つかない

顔脱毛には良い面ばかりでなく、気をつけなければいけない部分もあることがわかりましたか?

でも、デメリットがあるとわかっても、肌のトーンアップやメイクノリなどはちょっと欲しいかも(笑)

顔全体の脱毛はあきらめたとしても、口ひげの部分は脱毛しておきたいですよね。

接近したときに「ヒゲ生えてるよ」なんて言われたら、立ち直れなくなりそうだから・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました