あなたにぴったりの家庭用脱毛器選び!YES/NOチャートで簡単

アイスレディとケノンを8項目で比較!値段と効果どっちが優先か?

家庭用脱毛器の中で1番人気のケノンと、SNSで紹介されることの多いアイスレディ。

どっちがいいんでしょう?

この記事では、アイスレディとケノンの性能などを比較しています。

「アイスレディとケノン、どっちを買うべきか」と悩んでいる人は参考にしてくださいね。

アイスレディとケノンの比較一覧

アイスレディ
ケノン
アイスレディケノン
販売価格33,000円(税込)69,800円(税込)
脱毛方式IPL方式(フラッシュ脱毛)IPL方式(フラッシュ脱毛)
使用可能部位顔・体・VIO顔・体・VIO
推奨年齢記載なし記載なし
レベル調整5段階10段階
照射面積アタッチメントなし
3cm2
7cm2
照射パワー最大15.5ジュール非公開
冷却機能ありなし
ショット数30万回スーパープレミアムカートリッジ
(標準付属品)
レベル1:300万回
レベル10:50万回
交換方式本体交換カートリッジ交換
ジェル使用不要不要
電源方式ACアダプター接続ACアダプター接続
製造国中国日本
保証期間1年間1年間
(レビュー投稿で1年延長あり)
(オプションの延長保証あり)
セット内容本体
ACアダプター
アタッチメント3個
・スキンケア 用アタッチメント
(柔らかい肌部分)
・指 口元 用アタッチメント
(微細な部位)
・ワキ ビキニライン 用アタッチメント
(敏感な部位)
保護用メガネ
カミソリ
取扱説明書/保証書
(保証期間:1年)
肌見本カード
ケノン本体×1
標準装着カートリッジ×1
ゴーグル(サングラス)×1
電源コード×1
クーリングパック(保冷剤)×2
取扱説明書兼保証書×1

アイスレディケノンの比較一覧を作ってみました。

赤字にしている部分が、それぞれ優れているポイント8つです。

  1. アイスレディの値段はケノンの約半額
  2. レベル調整はケノンが優秀
  3. 照射面積はケノンが優秀
  4. 冷却機能はアイスレディだけ
  5. ショット数の多さはケノン
  6. カートリッジ交換で長く使えるケノン
  7. 安心の日本製はケノン
  8. アイスレディにはアタッチメントが付属

少しですが詳しく説明します。

アイスレディとケノンを8つの項目で比較

アイスレディとケノンの違い8つを、一気に紹介していきます。

1. アイスレディの値段はケノンの約半額

アイスレディは33,000円(税込)。

ケノンは69,800円(税込)。

値段だけで見れば、アイスレディはケノンの半額以下の値段で買えます。

とにかく安い方がいいという人は、アイスレディ一択でしょう。

2. レベル調整はケノンが優秀

アイスレディのレベル調整は5段階、ケノンは10段階まで調整できます。

より弱く~より強くまでを微調整できるので、レベル調整はケノンの方が優秀。

ただし、どちらの脱毛器でも、はじめて使うときは低レベルからスタートしてくださいね。

最初からレベルMAXにするのはNG。

3. 照射面積はケノンが優秀

アイスレディの照射面積はアタッチメントなしで3cm2、標準的な広さです。

反対にケノンは7cm2と、他の脱毛器と比べてもかなりワイド!

照射面積が広いと腕や脚など、広範囲の脱毛ケアが早く済むというメリットがあります。

1台で全身脱毛するつもりなら、アイスレディよりも照射面積が広いケノンですね。

4. 冷却機能はアイスレディだけ

肌に密着する部分が冷える冷却機能は、アイスレディには搭載されていますが、ケノンにはありません。

私は冷却機能搭載のオーパスビューティー03を使っていますが、冷やしてくれるって本当に便利ですよ。

痛みを感じにくくなるので、とくにデリケートなVIO脱毛には欲しい機能。

自分で保冷剤を用意して冷やすのが面倒なら、アイスレディを選んでください。

「うっかり冷やさずに照射して痛かった!」ということは避けられます。

5. ショット数の多さはケノン

ショット数の多さは、断トツでケノンが優秀。

アイスレディは30万回ですが、ケノンはレベル1なら300万回、レベル10でも50万回照射できます。

家族間で脱毛器をシェアしたい人に選ばれているのは、このショット数の多さが理由のひとつ。

長く使いたい・シェアしたいという人は、ケノンの方がいいですね。

長く使いたい人は、保証期間の延長しとくといいですよ。

6. カートリッジ交換で長く使えるケノン

アイスレディが30万回使えば本体交換なのに対し、ケノンはカートリッジ交換式なので、本体が壊れないかぎり長く使えます。

最低でも10年は使いたいと考えているなら、ケノンですね。

さっきも書きましたが、長く使うなら保証期間の延長をしておきましょう。

7. 安心の日本製はケノン

電化製品は日本製の方が安心できるなら、ケノンの方を選んでください。

ケノンは日本国内の専門工場にて製造されています。

8. アイスレディにはアタッチメントが付属

アイスレディには3つのアタッチメントがあり、最初から付属品として付いてきます。

ケノンにもスキンケアカートリッジやストロングカートリッジなどがありますが、それぞれがランプを内蔵したカートリッジなので別売りとなります。

アイスレディのアタッチメントは、使用部位によってパワーや照射面積が変えるもの。

ケノンのカートリッジはパワーや照射面積が変わるだけでなく、それぞれのカートリッジに使用回数が設定されています。

高機能の家庭用脱毛器を求めていないけど、使いやすい方がいいならアイスレディですね。

アイスレディとケノン パワーは比較できない

ケノンは照射パワー非公開なんです!

アイスレディは最大パワーが15.5ジュール。

ケノンの照射パワーは推測するしかありませんが、韓国のANYMI脱毛器がヒントになります。

ANYMI脱毛器は、パワーの源であるコンデンサを3個搭載しています。

3個のコンデンサ搭載で最大パワーが3.69ジュール/cm2。

ANYMI脱毛器の照射面積は約7.0cm2なので、最大にすると約25.8ジュールになります。

ケノンには日立グループと提携して独自開発したコンデンサが、4個搭載されています!

これだけで、アイスレディよりハイパワーなのは推測できますね。

数字としては比較できないけど、ケノンの方が脱毛効果は高そうですね。

アイスレディとケノン 8つの比較まとめ どっちがおすすめ?

  1. アイスレディの値段はケノンの約半額
  2. レベル調整はケノンが優秀
  3. 照射面積はケノンが優秀
  4. 冷却機能はアイスレディだけ
  5. ショット数の多さはケノン
  6. カートリッジ交換で長く使えるケノン
  7. 安心の日本製はケノン
  8. アイスレディにはアタッチメントが付属

操作が簡単で安い脱毛器がいいならアイスレディ。

値段より脱毛効果やスピードを重視したいなら、ケノン。

口コミやもっと詳しい情報が知りたい人は、公式ページを確認してくださいね。

アイスレディ公式ページはこちら

ケノン公式ページはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました