あなたにぴったりの家庭用脱毛器選び!YES/NOチャートで簡単

脱毛ラボが倒産で事業停止 脱毛器ホームエディションの保証などはどうなる?

家庭用脱毛器の口コミ・レビュー

全国で脱毛サロン「脱毛ラボ」を展開していた、セドナエンタープライズが倒産しました。

事業はすべて停止しています。

ネット上では、すでに支払った契約金やローンの返金がどうなるか、不安の声が上がっています。

払ったお金が戻ってくるのか・・・不安ですよね。

セドナエンタープライズは、返金についてこう説明しています。

「未消化分の施術代の返還請求権については、破産債権となりますので、配当するに足る破産財団が形成された場合に、債権調査期間を経て行われる配当手続によってのみ返還を受けることができますので、申し訳ございませんが、直ちに返還することはできません」

yahooニュース

返金する気持ちはあるようですが、すぐに返せることではない。

まず、破産財団が作られないと、返金手続きも受付られないということみたい。

ところで、私が気になっているのは他にもあって、脱毛ラボの脱毛器「ホームエディション」のことなんです。

脱毛ラボホームエディションの保証や修理はどうなる?

このブログでも紹介していた、脱毛ラボの脱毛器「脱毛ラボホームエディション」。

とくに、上の画像の「脱毛ラボホームエディション2nd」は、7月に発売になったばかり!

保証期間は1年間です。

不具合があったときなどの保証はどうなるのでしょう?

脱毛ラボホームエディションを販売していた通販サイト、e+labo(イーラボ)通販サイトにアクセスしてみました。

現在、アクセスできない状況となっています。

「脱毛ラボ」を展開していた、セドナエンタープライズが倒産を発表したのが8月26日。

e+labo(イーラボ)通販サイトをチェックしたのが、翌日の8月27日です。

今日、8月30日にもアクセスしてみましたが、同じ状態でした。

もう少しして落ち着いたら、脱毛ラボホームエディションのことについて何か発表があるかもしれません。

わかったことがあれば、すぐにこの記事に追記という形でお知らせしますね!

【追記】

9月2日にe+labo(イーラボ)通販サイトをチェックしたら、表示がこちらになっていました。

502 bad gatewayとは、サーバーの通信していないことのようです。

脱毛ラボが倒産で事業停止のまとめ

「脱毛ラボ」運営会社が破産した原因は、新型コロナの影響で休業や解約などが増え、で売上高が減少し資金繰りが悪化したということです。

今年はすでに脱毛サロン「キレイモ」でも、解約の返金問題が大きく取り上げられていました。

キレイモは倒産はしていませんが、こういったことが続くとサロン開発脱毛器の購入も不安になりますね。

長く家庭用脱毛器を販売しているメーカーの方が、安心できるかもしれません。

業務用や家庭用の脱毛器を開発している会社が作ったオーパスビューティー03や、世界中で展開しているスムーズスキン、日本では断トツ人気のケノンなどから選ぶと間違いないかも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました